忍者ブログ
華凛の花言葉
花言葉とその由来など…
 86 |  85 |  84 |  81 |  80 |  79 |  78 |  77 |  76 |  75 |  74 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花言葉:親切

オミナエシ

女郎花(オミナエシ)は秋の七草の一つで古くから日本人に愛され
「万葉集」「枕草子」「源氏物語」「紫式部日記」など にも登場する。
万葉では「娘子部四」「姫押」「佳人部為」「美人部師」などの漢字が使われ、
「女郎花」は平安時代以後の文献に見られる。
能では「女郎花(おみなめし)」 ともいわれ、
「おこわ(もち米のご飯)」のことを「男飯」と言ったのに対し、
「粟(あわ)ごはん」のことを「女飯」と言ったことから、
この花が粟つぶのように見えることから 「おみなめし」「おみなえし」
となったという説が一般的。
別名 粟花
英名はパトリニア(Patrinia)
漢方では、敗醤根(はいしょうこん)の生薬名を持ち、
利尿効果があるだけでなく、
消炎作用、浄血作用、排膿作用などの効用があるとされる。

 女郎花さかりの色を見るからに露のわきける身こそ知らるれ(紫式部)
 白露はわきてもおかじ女郎花心からにや色の染むらむ(藤原道長)
                   「紫式部日記」より


☆遠き日の襲色目(かさねいろめ)の女郎花
  爽やかなりし柔らかき色


詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  華凛の花言葉  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
華凛
HP:
性別:
女性
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[10/26 華凛]
[10/22 kenji]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析