忍者ブログ
華凛の花言葉
花言葉とその由来など…
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花言葉:明るく輝いて




学名:Potentilla fruticosa var. leucantha
属名の Potentilla はラテン語の「potens(強力)」の縮小形。
この属の1種の強い薬効に対してつけられた名である。
種小名の fruticosa は「低木状の」という意味。
変種名の leucantha は「白い花の」という意味。
バラ科キジムシロ属の落葉小低木。
北海道から本州の中部地方にかけてと四国に分布し、高山の岩上に生える。
海外では、周北極地方に広く分布する。
別名を白露梅(ハクロバイ)。
和名の由来は、梅に似た白い花を咲かせるところからきている。

☆静かなる山肌飾り銀露梅
  見上げる星と囁きあいて


詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村
PR
花言葉:私を支えて





学名:Vicia cracca
属名の Vicia はラテン語の「vincire(巻きつく)」から。
この属には蔓性の植物が多いことから名づけられた。
種小名の cracca はマメの古名。
マメ科ソラマメ属の蔓性多年草。
和名の由来は、藤(フジ)に似た花をつけるところからきているが、藤(フジ)とは異なり花序は上向きに咲く。
開花時期は5月から9月。
上部の葉の脇に腋に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さな青紫色の蝶形をした花をたくさんつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
中国では薬用に用い、生薬名を透骨草(とうこつそう)と呼ぶ。
リューマチなどの痛みや皮膚病に効果があるという。

☆ひらひらと蝶舞うように草藤は
  森の小径に我を呼び止め




詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村
花言葉:反抗心
 

学名:Vaccinium vitis-idaea
属名の Vaccinium はラテン語の「vaccinus(牝牛の)」から。関係は不明。
種小名の vitis-idaea はギリシャ神話に出てくる「クレタ島のイダ山(Ida)のブドウ」という意味。
ツツジ科スノキ属の常緑小低木。
実は直径1センチくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋になると赤く熟する。
酸味があって、生食するほか、果実酒やジャムなどにする。
利尿効果や尿路殺菌作用があるという。
和名は、地面を這う様子を「苔」にたとえたもの。
「モモ」は方言で「木の実」のことだという。
北海道では、アイヌ語のフレップ(赤い実)の名で知られている。


☆ライチョウも喜び食べるコケモモは
  雪の下でも緑輝き




詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村

花言葉:尊敬される



学名:Rubus trifidus
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。
赤い実がなることから名づけられた。
種小名の trifidus は「3つに分かれた」という意味。
和名の由来は、葉がクワ科の梶の木(カジノキ)に似ることから。
枝先に花径3センチくらいの白い5弁花を咲かせる。
実は直径1、2センチのキイチゴ状果(集合核果) で、5月から6月に黄橙色に熟する。
甘酸っぱい味がして食用になる。

☆鳥たちの嬉しい声が飛び交えば
  ここにあそこに梶苺なる

詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村







花言葉:幸運



学名:Iris laevigata
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の laevigata は「無毛で滑らかな」という意味。
漢字では「燕子花」とも書く。
三河の国の八橋(やつはし)は昔から杜若(カキツバタ)の名所として知られ、今も杜若(カキツバタ)は愛知県の県花となっている。
花菖蒲(ハナショウブ)に似ているが、葉の幅が広く、葉の中央に隆起腺がないことなどで見分ける。
しかし、「いずれが文目か杜若」というように見分けるのはむずかしい。
文目(アヤメ)は乾いた草原に咲くが、杜若(カキツバタ)は水辺を好む。
また、杜若(カキツバタ)の内花被片は直立し、外花被片には白ないし淡い黄色の筋模様がある。
環境省のレッドリスト(2007)では、「準絶滅危惧(NT)に登録されている。

☆艶っぽく粋な花なら杜若
  お江戸の心今に伝えて

詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:明るく輝いて



学名:Potentilla fragarioides var. major
属名の Potentilla はラテン語の「potens(強力)」の縮小形である。
同属の1種に強い薬効があったのでつけられた名である。
種小名の fragarioides は「オランダイチゴに似た」という意味。
変種名の major は「巨大な」という意味。
和名の由来は、地面に広がる葉の形を鳥の「キジ」が座るムシロに見立てたものである。

☆小さくも春を喜ぶ雉蓆
  鮮やかな色我を呼びとめ


詳しくはこちら


にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:運の強い人



学名:Stephanandra incisa
属名の Stephanandra はギリシャ語の「stephanos(冠)+andron(雄しべ)」から。雄しべが冠状に残ることから名づけられた。
種小名の incisa は「鋭く裂けた」という意味。
和名の由来は、空木に似た小さい花を小米(精米のときに砕けた米)に見立てたもの。

☆ふさふさと揺れる花束たなびけば
  小米空木と風を求めて

詳しくはこちら

にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村

花言葉:深い慈愛



学名:Calycanthus floridus
属名の Calycanthus はギリシャ語の「calyx(萼)+ anthos(花)」からきている。
種小名の floridus は「花の多い」という意味。
産地は北アメリカの東部。
日本へは大正時代に渡来した。
枝先に暗い紫褐色の花が上向きにつく。
花径は5センチくらいで、花には仄かな香りがある。

☆春の日の穏やかなりし香りよく
  粋な黒花蝋梅も咲き

詳しくはこちら


にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村

花言葉:優美



学名:Prunus lannesiana 'Gioiko'
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana は園芸家「ラネスさんの」という意味。
オオシマザクラ系のサトサクラである。
特徴は花の色が緑色ないし黄緑色になることである。
鬱金(ウコン)に似るが、花の色が濃く花弁に筋が入るところが異なる。
花は咲き進むと花芯が赤味を帯びる。

☆柔らかな光の中に咲き誇る
  慎ましやかな桜一輪

詳しくはこちら


にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村
花言葉:忠実



学名:Prunus mume 'Kankobai'
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
寒紅梅(カンコウバイ)はその園芸品種の1つである。
開花時期は1、2月である。
早咲きの品種の1つである。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
紅梅系の中輪(花径20ミリから25ミリ)で、一重咲きのものと八重咲きのものがある。

☆いち早く春を知らせん寒紅梅
  燃ゆる想いぞ花にたくして

詳しくはこちら


にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村
Copyright ©  華凛の花言葉  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
華凛
HP:
性別:
女性
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[10/26 華凛]
[10/22 kenji]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析