忍者ブログ
華凛の花言葉
花言葉とその由来など…
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花言葉:何も変わらない





学名:Asparagus officinalis
属名の Asparagus はギリシャ語の「a(強勢語)+sparasso(引き裂く)」から。
はなはだしく裂けるという意味で、葉の状態を表している。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味。
原産地は南ヨーロッパからウクライナにかけた地域。
古代ギリシャ時代から栽培されていたという。
日本へは江戸時代にオランダ人によって伝えられたが、観賞用であった。
作物としての歴史は新しく、大正時代に北海道で栽培が開始された。
なお、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違いは栽培方法によるもので、品種の違いではない。
ホワイトアスパラガスは若芽に光があたらないように盛り土をして育てる。
光をあてて育てればグリーンアスパラガスになる。


☆風の精思わす花のアスパラは
  かすかな音で鈴を鳴らして


詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



PR
花言葉:信頼



学名:Nymphoides peltata
属名の Nymphoides はギリシャ語の「Nymphaea(ヒツジグサ属)+eidos(外観)」から。ヒツジグサ属に似ているということで名づけられた。
種小名の peltata は「楯状の」という意味。
漢字では「阿佐佐」とも書く。
葉は緑色のハート形をしており、地下茎から柄を出して水面に浮かぶ。
若葉は食用になり、花蓴菜(ハナジュンサイ)の別名がある。
環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。


☆朝日浴び水辺明るくあさざ咲く
  ハートの葉っぱ露も輝き


詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村




花言葉:慕う心 甦る思い出



学名:Artemisia schmidtiana
属名の Artemisia はギリシャ神話の女神「アルテミス(Artemis)」から。
この属の植物が婦人病に効くということから名づけられた。
種小名の schmidtiana はサハリンの植物の研究家「シュミット(F. Schumidt)さんの」という意味。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分。
海岸や高山の岩場に生える。
海外では、サハリンにも分布する。


☆輝ける露を抱きて朝霧草
 朝日を浴びて白く輝き



詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:輝き



学名:Amelanchier canadensis
属名の Amelanchier は古いヨーロッパのオック語でのヨーロッパ種
(Amelanchier ovalis)に対する呼び名からきている。
種小名の canadensis は「カナダの」という意味。
原産地は北アメリカ。
カナダから合衆国にかけての東部地域に分布する。
別名をジューンベリー(June berry)ともいう。
これは、6月ころに実が熟すことからつけられた名。


☆白き花思い巡らす風そよぎ
  ジューンベリーは枝を弛ませ



詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:変わらぬ信頼 陽気



学名:Geranium sanguineum
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。
長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の sanguineum は「血のように赤い」という意味。
原産地はヨーロッパからコーカサスにかけた一帯。
開花時期は4月から7月。
種小名の sanguineum は「血紅色の」を意味し、
基本種の花の色は濃い桃色である。
しかし、花の色は白、青紫色、赤紫色などのものもある。


☆ハート型花びら寄せて星ひとつ
 君にあげたい曙風露


詳しくはこちら




にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村




花言葉:はかない恋



学名:Lindera praecox
属名の Lindera はスウェーデンの植物学者「ヨハン・リンデル(Johann Linder)さん」の名から。
種小名の praecox は「早咲きの」という意味。
日本固有種。
雌雄異株。
雄花は淡い黄色で数個が固まってつく。
和名の由来は、実や樹皮を絞って油を採り灯火に使ったことからきている。


☆小さくて君を見つける喜びは
  春を届けるアブラチャンかな



詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:博愛



学名:Pyrus ussuriensis var. hondoensis
属名の Pyrus はラテン語でナシの木の古典名である。
種小名の ussuriensis は「ウスリー地方産の」という意味。
変種名の hondoensis は「本州産の」という意味。
実は山梨(ヤマナシ)ほどは固くなく、食用になる。
しかし、酸味や渋みが強いので果実酒に向いている。
分類上は陸奥梨(ミチノクナシ)の変種とされる。


☆春の陽は山里に咲く青梨の
  夢を叶えてただ降りそそぎ


詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村




花言葉:精神美



学名:Prunus lannesiana 'Hisakura'
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味。
種小名の lannesiana は園芸家「ラネスさんの」という意味。
サトザクラの仲間の1つである。
江戸時代の後期から関東を中心に広く栽培されている。
花びらの形は円形ないし楕円形である。
蕾の色は淡い桃色である。
1、2本の雌しべが葉化するのが特徴である。
それが和名の由来にもなっている。
浅草・小松橋通りでは「一葉桜まつり」に合わせて
「江戸吉原花魁道中」が行われる。


☆一枚の葉を抱くよに花広げ
 想いたくしてボンボリは揺れ



詳しくはこちら




にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村




花言葉:華麗 清純な心



学名:Pulsatilla cernua
属名の Pulsatilla はラテン語の「pulso(鳴る)」の縮小形。
花の形を鐘にたとえて名づけられた。
種小名の cernua は「前屈した」という意味。
和名の由来は、実の様子を老人の白髪に見立てたもの。
古くは「ねつこぐさ」の名で万葉集にも詠まれている。
江戸時代に多くの園芸品種が育成された。
根を乾かしたものを生薬で白頭翁(はくとうおう)と呼び、
解熱剤などに用いられる。
環境省のレッドリスト(2007)では、
「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録。


☆暗闇に生まれん星の翁草
  そよけくように風に輝き



詳しくはこちら



にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



花言葉:必ずくる幸福



学名:Pisum sativum
属名の Pisum はギリシャ語で古い植物名から。
種小名の sativum は「栽培された」という意味。
原産地 ヨーロッパ。
非常に古い時代から栽培されていた。
5000年ほど前の青銅器時代の住居跡から種子が発見されている。
また、ツタンカーメン王の棺に入っていた副葬品の中にも種子があった。
英名 グリーンピース(green peas)


☆春風に戯れ揺れる恋の花
 粋な花婿口笛鳴らし



詳しくはこちら




にほんブログ村 花ブログ 誕生花・花言葉へ
にほんブログ村



Copyright ©  華凛の花言葉  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
華凛
HP:
性別:
女性
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[10/26 華凛]
[10/22 kenji]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析